月別アーカイブ: 1月 2017

お墓を決める前に知っておくべきこと

・変わるお墓の考え方

お墓は、「OO家之墓」という墓石を建てて、複数の祖先と一緒に入るという考え方は、意外に歴史が新しく、一般的になったのは明治時代以降です。

家制度を意識した明治時代の民法と、火葬の普及によって広まりました。

それ以前は、地域の共同墓地に一人ずつ土葬されていました。

最近は、図1、2に見られるように、先祖の墓を供養するのは子孫の義務であると考えない人や、夫婦は、必ずしも同じ墓に入らなくてもよいと考える人も増えています。

伝統的な墓に対する考え方が揺らぎ、「家の墓」から「個人の墓」へと考え方が変化しているとみられます。

また、お墓のデザインも従来の和型、洋型石碑ではなく、オリジナルなものが増えています。

「OO家之墓」ではなく、「夢」、「愛」など自分の好きな文字を刻んだ石碑も見られるようになりました。

これは、墓は「先祖を把る場」であるというよりも、「自分たちの死後の住まい」というように考え方が変化してきていることの表われといえます。

誰がお墓を継承するの

少子高齢化の波はお墓にも影響を及ぼしています。

結婚しない人や子どものいない人、また一人っ子同士の結婚の増加で、自分たちの世代はともかくとして、次世代にはお墓の承継者がいなくなる心配があります。

逆に、夫婦がそれぞれのお墓を承継するために、一つの家庭で複数のお墓を抱えるケ1スもあります。

この場合、お墓の年間管理料のほかにも、菩提寺との付き合いなどもあるので、子どもの負担は相当なものになります。

子ども世代に迷惑をかけたくないと、夫婦それぞれの実家のお墓を合体させた両家の墓を建てたり、お墓を子どもたちにゆかりのない故郷から自分たちの住んでいる場所に移したり、生前に自分たちのお墓を買っておこうとする人が増えていまする。

しかし、それでも、承継者がいなくなるという問題は残ります。

そのため、血縁のない人同士が同じお墓に入る合葬墓や、寺に供養をお願いする永代供養墓が都会を中心に増えています。

 

お墓のない埋葬の問題点は

子どもに迷惑をかけないための一つの方策として、散骨や樹木葬(OP叫) など、墓石などの施設を持たない自然葬を希望する人が増えています。

散骨とはお骨を砕いて海や山河にまくこと。

樹木葬は、遺骨を直接土中に埋めて、その上に花木を植えて供養することです。

これらでは、手を合わせる墓もなく、お骨も消滅してしまうので、遺族の心のよりどころが失われる可能性があります。

散骨を行う場合は、その後の供養はどうするのかということまで考えておくことが必要です。

お墓を決めるときの心がまえ

お墓を建てるには、場合によっては多大な費用がかかります。

また、お墓は自分だけの問題でなく、子や孫が何十年と受け継いでいくもの。

四十九日に納骨するのが慣習となっていますが、いつまでに埋葬しなければならないという法律はありません。

あわててお墓を買ったり、故人が望んでいたからと散骨してしまわずに、どうしたら故人の遺志を生かしつつ、供養する側の気持ちが満たせるか、また子孫に無理なく承継していけるのかをじっくり考えましょう。

何年にもわたって供養を続けるわけは?

出産に見立てた死の儀礼

古来、日本人は死を「肉体から魂が分離した状態」と考えました。

そこで、葬儀では肉体と魂のそれぞれに手立てを行うことが必要でした。

肉体は、魂が分離したところに、ほかの魂が入りこまないように封印をして葬りました。

一方、魂に対しては、肉体から離れることを出産に見立て、赤ちゃんが産まれるときと同じことを行いました。

赤ちゃんに産湯をつかわせ、産着を着せて名前をつけるように、亡くなった人の末期の水をとり、湯瀧をして死装束を着せ、あの世の名前である戒名を僧侶につけてもらったのです。

ご飯をお茶碗に盛って箸を立てま〈らめしる「枕飯」の儀礼も、魂がどこかに行ってしまわないように、おいしいもので引き止めるために行われるものです。

生まれたばかりの魂は、この世の赤ちゃんと同じようにやんちゃで不安定なところがあり、場合によっては荒れ狂う恐ろしい存在とあらたま考えられてきました。

この「荒魂」が暴れだすと、村全体に被害が及ぶことになります。

そこで、村をあげて魂をいたわり、荒魂が「利れ九含A’魂」になって、無事にあの世に行けるように、村をあげて葬儀を行いました。

今でも地域の「組み内」や「町会」が主体となって葬儀を行うところがあるのは、こうした理由があるからです。

あの世はどんな世?

亡くなった人の魂は、肉体から分離して「あの世」に行くと考えられました。

あの世は、この世とは正反対の世界です。

出棺の際に故人の使っていたお茶碗を割る風習があります。

これは、この世で壊れたものは、あの世では完成されるという考えによります。

時間も逆なので、この世が夜のときあの世は朝になります。

昔は、あの世の朝の明るいときに亡くなった人の魂を送り出してあげるため、この世の葬儀は夜に行っていました。

通夜をしたり、祭壇にろうそくや提灯などの明かりを飾るのは、その名残です。

供養によって魂を育てる

この世で子どもが育つように、魂の赤ちゃんは、あの世で大人の魂に成長します。

残された家族が供養をするのは、魂の赤ちゃんが成長するのを助けるため。

供養は、下図のように、この世の成長儀礼と同じように行われます。

お産の忌明けにあたるお宮参りと四十九日、お食い初めのお祝いと百か日の法要、初誕生にあたる一周忌、七五三にあたる三周忌、七周忌、十三周忌。

子どもは一般的に7歳ぐらいまでは病気にかかりゃすいものですが、魂の場合も七周忌ぐらいまでは不安定で、供養を怠ると崇ると考えられていました。

成人式や結婚式にあたるのが三十三回忌で、ここで魂は大人になとむらったと見なされます。

「弔い上げ」といって、供養は三十三周忌でおしまいになり、仏壇から神棚に移されて杷られます。

このときから、魂は子孫を守ってくれる神になるのです。

つまり、供養とは、魂を神に育てあげることを意味し、残された子孫の務めであると考えられてきました。

最近は少なくなりましたが、日本の家庭に仏壇と神棚が無理なく同居していたのは、こうした理由によるのです。

 

 

必要な書類

提出書類に添付するもの

親の死亡により

●金融機関の口座解約、
名義変更、
死亡保険金や遺族年金の請求などの手続きの際に添付しなければならない書類が数多くあります。

ここではそれらを説明します。

住民票や戸籍謄本などは、
1通では足りず、
数通必要なので枚数を確認してから取るようにしましょう。

また、
取る場所も住所地の市区町村役場だけではすべてそろわず郵送で請求しなければならないことも多いので、
ある程度時間がかかります。

①印鑑登録証明書(300円前後)

本人の登録している印が実印であることを証明する書類です。

登録時にもらう印鑑登録証(カード形式)を必要なとき登録している市区町村役場に提出すれば、
印鑑登録証明書が発行されます。

また、
学生や主婦など印鑑登録をしていない場合は、
相続の発生した後に印鑑登録証明書取得の手続きをすることになります。

 

印鑑登録証明書が必要となる主な手続き

・故人の銀行預金、郵便預金を相続して名義を変更するとき
・生命保険の死亡保険金を請求すフ勾少」当ご
・故人の不動産の所有権を相続して名義変更するとき
・故人の株券、債権を相続して名義変更するとき
・遺産分割協議書を作成するとき(相続人が複数のときは全員の印鑑登録証明が必要)

 

 

②住民票(300円前後)

住民票には世帯全員が記載されている「謄本」と故人についてのみ記載の「抄本」の2種類があります。

住宅地の市区町村役場に請求することになりますが、

現在は住民基本台帳ネットワークシステムにより住所地以外でも住民基本台帳カードや運転免許証などで請求することができます。

死亡したとき住民票から除かれたものを「住民票除票」といいます。

 

●住民票が必要な主な手続き

・国民年金、厚生年金保険などから遺族年金をもらうとき。、健康保険、国民健康保険から、葬式の費用として埋葬料、または葬祭費をもらうとき(必要でない場合もある)
・故人の自動車や不動産の所有権を相続して名義変更をするとき

 

③戸籍謄本(450円前後)

戸籍原本に記載されている人全部を写したものを言います。

(除籍された人も含まれます。)

全部事項証明とも言います。

 

●戸籍謄本が必要な主な手続き

・健康保険、国民健康保険から葬式の費用として埋葬料、または葬祭費をもらうとき(必要でない場合もある)
・国民年金、厚生年金保険などから遺族年金をもらうとき
・相続税を申告するとき
・郵便局の簡易保険を受け取るとき
・故人の電話、自動車、不動産の所有権の名義変更をするとき
・故人名義の銀行預金、郵便貯金、株式、債権の名義変更をするとき

 

④戸籍抄本(450円前後)

戸籍原本から必要とする人だけを写したものを言います。

「個人事項証明」とも言います。

 

●戸籍抄本が必要な主な手続き

・生命保険の死亡保険金を請求するとき

 

⑤除籍謄本(750円前後)

一戸籍内の全員が婚姻、
死亡、
分籍、
転籍などにより除籍されたときは除籍簿として保管されます。

そこに記載された全員を写したものを言います。

●除籍謄本が必要な主な手続き

・個人名義の生命保険、簡易保険を一受け取るとき(必要でない場合もある)
・故人名義の銀行預金、郵便貯金、株式、債権の名義変更のとき
・故人名義の電話債券、自動車の所有権を移転するとき
・故人が会社役員だったとき役員登記の変更をするとき

 

⑥除籍抄本(750円前後)

除籍簿から必要とする人だけを写したものを言います。

いことを証明するものです。

.破産者名簿に記載がないこと
・禁治産、準禁治産者名簿に記栽がないこと
・後見の登記の通知を受けていないことこの証明は本籍のある市区町村役場でとることができます。

本人以外の場合は、委任状が必要です。

 

⑧戸籍記載事項証明
(350円前後)

 

戸籍の中に記載されている出生事項や婚姻事項など必要事項だけを抜き出して証明したり請求事項によっては、
戸籍の届出書一式を証明するものです。

死亡届の写しもここに含まれます。

 

⑨戸籍届書受理証明
(350円前後)

死亡届など戸籍の届出が受理されたことを証明するものです。
受理証明は、届出をした市区町村役場でしか発行されません。