お墓を決める前に知っておくべきこと

・変わるお墓の考え方

お墓は、「OO家之墓」という墓石を建てて、複数の祖先と一緒に入るという考え方は、意外に歴史が新しく、一般的になったのは明治時代以降です。

家制度を意識した明治時代の民法と、火葬の普及によって広まりました。

それ以前は、地域の共同墓地に一人ずつ土葬されていました。

最近は、図1、2に見られるように、先祖の墓を供養するのは子孫の義務であると考えない人や、夫婦は、必ずしも同じ墓に入らなくてもよいと考える人も増えています。

伝統的な墓に対する考え方が揺らぎ、「家の墓」から「個人の墓」へと考え方が変化しているとみられます。

また、お墓のデザインも従来の和型、洋型石碑ではなく、オリジナルなものが増えています。

「OO家之墓」ではなく、「夢」、「愛」など自分の好きな文字を刻んだ石碑も見られるようになりました。

これは、墓は「先祖を把る場」であるというよりも、「自分たちの死後の住まい」というように考え方が変化してきていることの表われといえます。

誰がお墓を継承するの

少子高齢化の波はお墓にも影響を及ぼしています。

結婚しない人や子どものいない人、また一人っ子同士の結婚の増加で、自分たちの世代はともかくとして、次世代にはお墓の承継者がいなくなる心配があります。

逆に、夫婦がそれぞれのお墓を承継するために、一つの家庭で複数のお墓を抱えるケ1スもあります。

この場合、お墓の年間管理料のほかにも、菩提寺との付き合いなどもあるので、子どもの負担は相当なものになります。

子ども世代に迷惑をかけたくないと、夫婦それぞれの実家のお墓を合体させた両家の墓を建てたり、お墓を子どもたちにゆかりのない故郷から自分たちの住んでいる場所に移したり、生前に自分たちのお墓を買っておこうとする人が増えていまする。

しかし、それでも、承継者がいなくなるという問題は残ります。

そのため、血縁のない人同士が同じお墓に入る合葬墓や、寺に供養をお願いする永代供養墓が都会を中心に増えています。

 

お墓のない埋葬の問題点は

子どもに迷惑をかけないための一つの方策として、散骨や樹木葬(OP叫) など、墓石などの施設を持たない自然葬を希望する人が増えています。

散骨とはお骨を砕いて海や山河にまくこと。

樹木葬は、遺骨を直接土中に埋めて、その上に花木を植えて供養することです。

これらでは、手を合わせる墓もなく、お骨も消滅してしまうので、遺族の心のよりどころが失われる可能性があります。

散骨を行う場合は、その後の供養はどうするのかということまで考えておくことが必要です。

お墓を決めるときの心がまえ

お墓を建てるには、場合によっては多大な費用がかかります。

また、お墓は自分だけの問題でなく、子や孫が何十年と受け継いでいくもの。

四十九日に納骨するのが慣習となっていますが、いつまでに埋葬しなければならないという法律はありません。

あわててお墓を買ったり、故人が望んでいたからと散骨してしまわずに、どうしたら故人の遺志を生かしつつ、供養する側の気持ちが満たせるか、また子孫に無理なく承継していけるのかをじっくり考えましょう。

家族葬専門葬儀社