葬儀・告別式を行う

葬儀・告別式の進行

宗派や規模によって式次第には多少の違いがあります。

しかし葬儀・告別式の大まかな流れは、
上記のようになっています。

喪主をはじめ、
遺族、
近親者、
世話役など、
葬儀に出席する人は、
葬儀の皿分前には着席し、
僧侶の入堂を待つようにします。

僧侶が入堂し、
司会者が開式の辞を述べた後、
僧侶の読経が始まります。

このとき、
”引導“が渡されます。

これは死者を悟りの世界(仏の道)へと導くことですが、
引導を渡す作法は宗派ごとに違っています。

また葬儀に加わる僧侶のなかで、
最も位の高い僧侶のことを「導師」とよび、
この導師によって引導が渡されます。

葬儀で最も重要なのかこの部分です。

葬儀と告別式をいっしょに行う場合、
僧侶の焼香に続いて喪主、
遺族、
近親者が焼香をした後、
一般会葬者の焼香となります。

喪主と遺族は会葬者一人一人に黙礼をします。

会葬者の焼香が終わると僧侶は退堂します。

会葬者は一礼して見送ります。

いすのときは起立します。

この後は司会者による閉式の辞があり、
また一般会葬者に「出棺の準備ができますまで、
控え室でお待ちください」という案内も行います。

閉式の辞の前に、
喪主か遺族代表が会葬者にお礼の挨拶を行うこともあります。

世田谷区、およびその周辺の葬儀場・斎場の一覧です。お急ぎの場合や、深夜早朝もすぐにお伺いします。世田谷区の斎場選びは臨海斎場世田谷区での家族葬や火葬式、直葬など様々なお葬式セットプランをご用意しております。

司会者の心得

葬儀・告匪式は故人の霊を弔う厳粛な儀式ですから、
スムーズに終えることが大切です。

式を滞りなく進めるために、
司会者は事前に遺族の希望をよく聞いておき、
焼香の順序や弔辞をお願いしている方がどういった人かなど、
事前に細かい点についてよく確認しておきましょう。

遺族や弔問客は悲しみで胸がいっぱいですが、
司会者はそんななかにあって冷静に行動しなければいけません。

沈痛な面持ちで、
落ち着いた話し方をする(ゆっくりと間をとりながら、
落ち着きのある低めの声で話す)ように心がけましょう。

感情にとらわれたり、
変に感傷をそそるような言葉を使ったりすることは避けます。

司会者がキョロキョロと落ち着きのない様子でいたり、
焼舌であったりしてもいけません。

言葉を飾り立てたり、
弔辞や弔電に感想を述べたりする必要はなく、
両手は前であわせておき、
身振り手振りで話すこともやめて、
とにかく落ち着いた司会に徹しましょう。

また、
喪主、
遺族、
親族、
葬儀委員長の名前や会社名、
肩書きなどは絶対に間違えないように、
事前に調べメモするなどして、
正しく読み上げるようにしましょう。

 

もしも故人のことが偲ばれ、
話の途中で涙がこぼれてきたときは、
しばらく間をとり「大変失礼しました」と続ければ問題ありません。

開式の挨拶と入場案内「これより葬儀が始まります。

ご参列の方々は式場にお入りになり、
ご着席ください。

本日のご導師様は○○家の菩提寺○○山○○寺住職○○○○師でございます」もう少していねいにするなら「本日ただいまより、
故○○○○殿の葬儀をとり行います。

ご参列の方々は式場にお入りになり、
ご着席ください。

本日のご導師様は○○家の菩提寺○○山○○寺住職○○○○師でございます」座敷ですでに着席している場合は、
開式の挨拶だけします。

「ただいまより、
故○○○○殿の葬儀ならびに告別式を行います」会葬者へ起立のお願い「皆様、
ご起立ください。

これよりお導師様が入堂されます」座敷の場合は、
起立しないで一礼するだけとなるので、
僧侶の入堂の案内をするのみとなります。

「これより、
お導師様が入堂されます」

 

一同が着席した後、
開式の挨拶「では、
ただいまより去る○月○日に他界されました故○○○○様の葬儀を行います。

みなさまご着席ください」座敷の場合は、
僧侶が着席した後に開式を告げます。

「ただいまより、
去る○月○日に他界されました故○○○○様の葬儀をとり行います」僧侶の読経後、
弔辞の拝受「ただいまより弔辞を頂戴いたします_弔辞の前には、
朗読者の紹介をします。

「はじめに、故人が生前勤務しておりました、
株式会社○○の取締役専務○○○○様より‐いただきます」「故人の○○会社における上司でいらした人事部長○○○○様の弔辞をお願いします」「故人の親友でいらした○○○○様から弔辞をいただきます」「友人を代表しまして、
○○○○様から弔辞をいただきます」弔辞朗読が全部終了したら、
朗読者に対してお礼を述べます。

「ありがとうございました。

以上をもちまして、
弔辞の拝受(拝呈)を終わらせていただきます」

 

弔電の紹介

弔電について、披露という言葉を使うこともありますが、披露は祝い言葉なので、紹介というべきという説や、発信者氏名に敬称は不要という説もあります。

また、地方によっては、僧侶の退堂の後に紹介することもあり、さまざまなケースがあります。

とはいえ弔電は、まず葬儀の前に喪主に見せて、読み上げるものを選んでおいてもらいます。

そして司会者は、発信者と故人の関係などを確認しておき、読みにくい名前の人などはメモしておくことが大切です。
家族の希望を映し出してくれるという点は言い換えるとご家族本位である東京で公営斎場を利用した葬儀を行うときは、臨海斎場にお電話をください。まず遺体搬送のお迎えの車を手配し、費用の説明をさせていただきます。納得できない場合は他社でお見積り葬儀をしていただいても問題ありません。一旦はご遺族様が落ち着ける環境を確保することをおすすめしています。に違いありませんしそのような葬儀社は、たいてい、よその要素も。秀でていると思われます。